定期総会情報

第39回定期総会議事録

2014年度総会議事録

                                小山市テニス協会総会

平成27年3月28日
議事録作成;田中
 司会;瀬野理事長
 開会;10時00分スタート


1.開会の辞            岸本会長挨拶
  ・ジュニア育成に対する表彰状を頂いたと。
  ・原の内テニスコート改修直談判した結果、27年度予算申請され認可にと。


2.総会議長選出      議長;照沼氏      書記 ;田中

 議事
1)26年度事業報告  高橋運営部長
    定期総会資料による説明実施。


2)26会計報告        小山総務部長説明    (11ページ参照)
   ・特に質問無し。
    ⭐️監査報告;会計報告 塩浜氏 植村氏
      塩浜氏説明。承認された。


3)27年度事業報告    瀬野理事長説明 (13ー14ページ参照) 

4)27年度予算          小山総務部長説明(13ページ参照)
   ・質問
   ①確認 後藤氏  繰越し金について、誤記だった。
    27年度予算は収入の部;繰越金 837.117円  合計6,781,217円
    支出の部;予備費 651,617 円    総計は変わらず。
    以上に誤記訂正され、拍手で賛否、承認された。


5)報告・審議事項       瀬野理事長説明…別紙資料による。(配布資料による)
   ・TTP関連ジュニア基金報告…高橋運営部長より詳細説明した。
    福田氏DTC…クラブ内討議したが賛成者はゼロだった。運営に疑問と。
    万一の事故のリスクヘッジなどなど。
    資料頂いた。
    県からの話は、収支の透明性を検討。企画も検討している。
   ・中学の部活動 テニス部新設要望      石川氏説明
   ・市議会で議員さんから質問した。
   ・会員さんからもホームページから意見をお願いしたい。
   ・春/秋は一般テニス教室、夏/冬はジュニア教室への参加可能と。
    岸本会長談> 中体連の硬式テニスへの恐怖感(ソフトの衰退)⁇…推測
    先生方の意欲高揚などサポートが必要
    教育委員会の認識不足が大きな影響を与えている感があると。
   ・大会参加料アップ     瀬野理事長説明
   ・1500円でやってきたが、協会の収支改善必要であり改定したい。
    高橋運営部長補足説明…ボール代、運営費でいっぱい。
    商品を節約する。大会参加者を多くしたい。
      会長杯S;1500→2000円
      小山市総合選手権;1500→2000
      小山市秋季S;2000→2500

大会名 大会日程 担当クラブ
会長杯シングルス 5/10, 17, 24 コマツ チーム2001 ウィッチーズ セイシェル
会長杯ダブルス 6/14, 21, 28 昭電マスターズ 富士通 (爆) TC エンデバー
小山市長杯 9/6, 13, 20 KDDI 小山グリーン ガンスイ ダブル ベーグル
小山市総合選手権 10/11, 18, 25 ローズTG 栄研化学 OTSC キマグー
小山市秋季S 11/1, 8, 15 ドリーム 自治医大職 野州会 エキサイト
新春ダブルス大会 2/7, 14, 21 協会役員
協会側の担当役員不足時は、担当クラブに会場役員応援を依頼する。
 
 


  

 

  ・大会のドロー会議担当クラブ見直し…資料による説明。
  ・原の内コート改修   …岸本会長挨拶時に説明。
  ・その他
    牧野氏国体出場の期待の星。今年は宇都宮で。
    応援よろしく。


6)27年度役員案       紹介した。
   新任は羽鳥氏(ローズ)、工藤さん
   退任は古川さん、瀬野(玉)さん


5.リーグ戦表彰        7ページによる。

その他
   ・県 TTA鈴木氏より県大会のPR   参加お願いと。
    審判委員の増員要請あり。
   ・石川氏より…TTA登録はインターネットWEBで送って下さいと。
    4月末までに小山氏へお願いしますと。


閉会;11時35分

                                                         以上

第37回定期総会議事録

                      第37回定期総会議事録
                                                    田中

開催日時  :2014年3月22日(土) 10時-12時
場所    :小山市中央公民館 視聴覚室
総会次第と審議結果

1 開会の辞      :瀬野理事長

2 議長、書記任命  :議長-照沼理事、 書記-田中理事

3 会長挨拶      :岸本会長
  ・3連休の中日でお集まりいただき有難うございます。
   年に一度のクラブ代表者の集まりであり、前向きな意見をお願いします。

4 議事
(1)H25年度事業報告 :高橋(信) 副理事長 (運営部長)    承認
・各一般大会結果: 大会参加者が少なくなってきている。役員の方も積極的に出場お願いします。
 新春親睦ダブルスは雪で大会は予選のみで終了。予選勝ち上がりチームが同時優勝とする。
・テニス教室 :一般、女性テニス教室、ジュニア教室

(2)H25年度決算報告  :小山総務部長  承認
   登録者 TTA会員619名 小山市会員 195名  総数814名
   記念事業費 200,000円は会計監査後入金したので、決算報告には記載していなかった。
   決算の期間はH25年3月1日~H26年2月28日、H26年3月5日に200,000円を入金済。

(3)H25年度会計監査報告 :塩浜さん会計監査員報告・・・H25年度決算  承認

(4)H26年度事業計画   :高橋(康) 企画部長 ・・・協会提案承認
   会長杯ダブルス 2週後ろにずらして開催。
   小山市総合選手権 1週後ろにずらして開催。

(5)H26年度予算案  :小山総務部長・・・協会提案承認
   記念事業費 収入の部 訂正
    繰越金 1,293,129円 → 1,493,211円 (H26年3月1日の監査後(3/5)に入金済の為。)
    積立金   400,000円 →   200,000円 (H26年3月5日に200,000円は入金済の為。)
    利息     200円  →    118円
    合計金額(1,693,329円)は変更無し 
    基本的に例年通り。パソコン老朽化の為1台購入する。

(6)報告 審議事項  瀬野 理事長
  ① 女子リーグ戦ルール変更について
    H24年度女子部で女子リーグ戦についてルール明確化されておらず、明確化する。
    必ず5名以上で登録し、重複無しとする。    ← この内容に変更

    質問1.試合時1名不足の場合は? →デフォとなる。
    質問2.試合当日怪我等で出られない場合は → 相手チームと相談し後日試合をして下さい。
    質問3.4名になった場合は? → 必ず5名で登録。
  ② テニス協会主催大会参加者アップ対策
    小山市テニス協会の状況説明。
    登録者数 TTA会員は2005年のピーク時に比べ160人減少。小山会員含めて同等。
    (H25年度はTTA669人、小山145人 計 814人)          
    各種大会 小山市会長杯シングルス大会: 2005年のピーク時に比べ約100人減少
           小山市会長杯ダブルス大会: 2004年のピーク時に比べ約半分
           小山市総合選手権大会: 2003年のピーク時に比べ約100人(組)減少
           小山市秋季オープン大会: 2011年からオープン化後、出場者は増加した。
           レディース/シニア大会: 過去10年に渡り安定して盛況
           ジュニア大会: 200人以上の参加者がおり盛況。

    講習会  一般 ピーク時に比べ約減少ぎみである。
         レディース 減少ぎみである。
         ジュニア 400人以上の参加者がおり盛況。

   登録者数 減少     どうしたら出場者数が増えるか?
   試合出場者数減少
        ↓ 参加者アップ対策

  対策1.6月の小山市ダブルス
    2週後ろにずらした日程で開催する。(他大会との重複を避ける為)

  対策2.10月の小山市総合選手権
    シングルスは現行と同じ。
    シングルスは小山市在住/在学の高校生に出場を促す為、学校に案内を出す。
    ジュニアの部を新設する。
    ダブルスのみ団体戦にしたい。
     意見a : 総合選手権の予備日が、県大会(秋季W)と重なっているのも出場出来ない原因。
     意見b : 団体にすると逆に参加しづらくなるのでは?
          参加者が少ないのは根本的に見直す必要があるのではないか?
          各クラブの意見を聞いてみるとか。。。
     意見c : 試合出場者の高齢化も原因である。
     意見d : 参加しやすくする為、インターネットでの申込み出来る様にしたらどうか?
          →参加費徴収の問題が有り難しい。TTAでも役員が苦労している。

    協会案に対し反対意見(現行通り)もあったが多数決(23-18)により今年は団体戦で実施する。
    団体戦実施案①:4名以上 男女各2名以上:男子W / 女子W / 1-1になったらMixで勝負。
           案②:6名以上 男女各30名以上:男子W/ 女子W / Mixの3ポイント。
   
     多数決(28-9)により、案①の4名以上で実施。
     チーム編成はクラブ単位でなく、自由に組める事にする。
     詳細は理事会内で決定する。

 ③ TTA関連報告
   ジュニア基金についてTTAから提案があり内容を説明した。
   2020年東京オリンピック, 2024年栃木国体を目指し、トップ層の更なる引上げを目的として
   ジュニア基金を設立し、強化合宿による強化及び、海外派遣を実施する。
   各市協会では登録料の内600円をTTAに出しているが、ジュニア基金としてプラス300円を
   2014年4月~お願いしたい。 
    →これに対し半数の市協会から再考の要望が出され、2014年4月~というのは延期となった。   
   
   総会での意見
    クラブ員(テニスが出来るだけで楽しみにしている会員)からは、登録を止めても良い位の
    人がいる。 TTAから言われたからと言っても出来ない事もある。
    → 他の市協会からも同様の意見が出ている。 小山協会も理事会での総意として反対と
       明言している。
       但し、小山市のTTA会員でTTAには登録料を出さないという事は出来ない。 
       上部協会は下部協会からの資金で成り立っている。
       本件はTTAからの提案でプロジェクトにて議論する事になり、小山協会からは
       TTAジュニア委員として参加している高橋信 副理事長に協議に参加してもらう
       事とする。

④ 各大会のドロー会議担当クラブ   承認
   ・会長杯シングルス  :コマツ、チーム2001、ウィッチーズ、セイシェル
   ・会長杯ダブルス   :昭電マスターズ、富士通、(爆) TC、エンデバー
   ・小山市長杯     :KDDI、小山グリーン、ガンスイ、野木愛好会
   ・小山市総合選手権  :ローズ、KTC、OMT、栄研化学
   ・下野新聞社杯    :BURJ、ドリーム、チームトマト、自治医大職員
   ・新春ダブルス大会  :協会役員

⑤ 原の内公園のコート改修依頼について岸本会長から説明。
  体育協会を通じて現在のコートの修復状況(段差、の写真を見せて改修申請中である。
  予算の関係もあり、今年度の改修は難しそうである。

⑥ チーム紹介ページをホームページに掲載したいと案内を募ったが1チームしかおらず再度案内を出す。

(7) H25年度テニス協会役員について  承認

(8)リーグ戦表彰
    岸本会長より、男子/女子 各ブロック優勝チームに賞品授与
    新春親睦ダブルス予選勝ち上がりチームに賞品を贈呈。
    特別表彰 : ねんりんピック全国大会 (高知県)で全国優勝した岸本九州男さんを表彰。
           栃木県代表として60歳以上男子Dで団体戦に出場し優勝に貢献。
           (60歳以上男女D、70歳以上男子Dの計3ポイント)。

(9)議長、書記 解任

(10)閉会の辞                                      

                                                       以上

第36回定期総会議事録

                                 第36回定期総会議事録
                                                        大橋、瀬野 記
開催日時:2013年3月23日(土)10時-12時
場所  :小山市中央公民館 視聴覚室
総会次第と審議結果
1 開会の辞      :瀬野理事長
2 議長、書記任命   :議長-照沼理事、 書記-大橋理事
3 会長挨拶      :岸本会長
  ・大会で若い方の出場が増えてきており良いことである。
  ・石川ジュニア委員長をはじめジュニア委員のおかげで講習会参加者も多くなっている。
  ・中学校でのテニス普及が増えていなくて申し訳ない。何とか普及できるようにしたい。
4 議事
(1)H24年度事業報告 :高橋(信) 副理事長 (運営部長)    承認
  ・各一般大会結果、レディース大会、ジュニア大会 シニア大会
  ・テニス教室 :一般、女性テニス教室、ジュニア
  ・クラブ対抗リーグ戦結果 リーグ戦女子4部で、チーム2001が優勝となっているが、
ポイントではKTC☆組が優勝では?  → 再確認し報告します。 小島副理事長
  ・対外団体戦結果(都市対抗、県南5市、県民スポーツ) 県南五市大会で小山市が優勝。

(2)H24年度決算報告  :小山総務部長  承認
   H24年度に積立金を入金出来なかったので、H25年度に2年分入金する。

(3)H24年度会計監査報告 :植村、塩浜会計監査員報告・・・H24年度決算 承認

(4)H25年度事業計画   :高橋(康) 企画部長 ・・・協会提案承認

(5)H25年度予算案  :小山総務部長・・・協会提案承認
   基本的に例年通りであるが、ルールブック代(隔年に登録クラブに配布)、パソコン購入、
   積立金を2年分入金ということで予算化した。

(6)報告 審議事項  瀬野 理事長
  ① 女子リーグ戦ルール変更について
   女子部で女子リーグ戦について協議 (全42チーム中31チーム参加)し、準会員は対戦一試合につき
   1名までとする。人数が少ないチームは1年毎に猶予を与える。ということに決まったが、
   理事会で審議した所、下記見解となった。
   ・ 準会員のみのチーム、準会員が多いチームは出場出来なくなるのでは?
   ・準会員も小山市テニス協会に登録料を払っており、リーグ戦に出られないのは問題ある。
   ・準会員も小山市テニス協会の会員であり、準会員を差別する様な事はすべきでない。
   ・準会員という名前が良くないので、全て会員とすべき。
   本内容を総会で審議。
    岸本会長の意見
   小山市は県境という地域柄、近隣の方も準会員として登録して頂いてテニス協会としては
   良い制度だと考えている。勝敗も大事だが勝ちにこだわり過ぎているのではないか?
    クラブ代表者の意見
   ・他の協会の強い選手と対戦出来て、レベルアップにもつながるのではないか?
   ・女子部だけでなく、全体として判断すべき。
   ・ポイントを増やしたら良いのではないか?
   ・準会員のみのチームでもリーグ戦に出たいので反対。
   ・正会員の人数が少ないが、リーグ戦に出たいので反対。
●審議の結果、女子部で決定した内容は否決とする。(昨年までと同じということで承認)
 昨年決定したルールは継続とする。 (登録メンバーが5名以上いるチームに於いては原則
 重複無し。但し、5名以上の登録者がいても怪我等で出場できない場合は重複可。)
  ② 準会員の扱いについて
   準会員という名前を改め全て小山市テニス協会会員とする。    賛成多数 承認。
   但し、TTAクラブ登録者と小山市会員登録がいるクラブは下記を別々に提出お願いします。
   ・TTAクラブ登録表(旧名称:正会員  TTA登録No,を記載要。)
   ・小山市会員登録表 (旧名称:準会員 TTA登録No,は不要。)
    小山市テニス協会登録規定 第2条 改訂
    準会員としての登録も・・・ → 小山市会員としての登録も・・・に変更する。
  ③下野新聞社杯大会の名称変更    
   理由:一昨年より下野新聞社から協賛は受けておらず、名前を変更したい。
   小山市秋季オープンテニス大会へ変更 : 承認
   優勝トロフィーは無し。 但し、盾は支給する。
  ④ TTA関連報告
   ・小山協会 佐藤千恵子さんがTTAの審判委員長に就任。
   ・ TTAでも PLAY STAYを新規に取り込んで行って欲しいと要望した。
   ・12月にクラブ対抗をフリーエントリーで開催予定。(詳細は9月までに決定)
   ・2013年度TTA行事は、ホームページ参照願います。
  ⑤各大会のドロー会議担当クラブ   承認
   ・会長杯シングルス  :コマツ、チーム2001、ウィッチーズ、セイシェル
   ・会長杯ダブルス   :昭電マスターズ、富士通、(爆) TC、エンデバー
   ・小山市長杯     :KDDI、小山グリーン、ガンスイ、野木愛好会
   ・小山市総合選手権  :ローズ、KTC、OMT、栄研化学
   ・下野新聞社杯    :BURJ、ドリーム、チームトマト、自治医大職員
   ・新春ダブルス大会  :協会役員
  ⑥ホームページについて ・・・特に要望なし。
  ⑦ その他
   ・優勝トロフィー紛失のお詫び (会長杯シングルス)
    見つかったので今年はお渡し出来ます。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
   ・小山運動公園のブラシが重いという苦情をまちづくり協会に伝えています。
   ・原の内公園のブラシもバウンドしてしまい良くないので苦情を伝える事。・・・瀬野
   ・インターネット予約でダブルブッキング、予約していないのに予約される等問題があった。
    (インターネット予約切り換え初期の頃? 瀬野からまちづくり協会に報告する。)  
   ・石川ジュニア委員長より、レッドボール、オレンジボール、グリーンボールの紹介。
    ジュニアだけでなく、一般やシニアの方にもウオームアップなどにお薦め。
    ファミリースポーツでバラ売りしているので是非、使用してください。

(7) H25年度テニス協会役員について
     変更になられた役員
   ・鈴木(照)さん、理事退任。
   ・藁科さん退任 代わりに、古川さん理事就任
   ・女子部部長 渡辺さん 退任  代わりに、瀬野玉江さん就任
   ・女子部副部長 松沼さん就任

(8)リーグ戦表彰
    岸本会長より、男子/女子 各ブロック優勝チームに賞品授与

(9)議長、書記 解任

(10)閉会の辞                                      
                                                          以上

第35回定期総会議事録

                                                      第35回定期総会議事録
                                                    藁科、瀬野 記
開催日時 :2012年3月24日(土) 10時-12時
場所    :小山市中央公民館 第1研修室

総会次第と審議結果
1 開会の辞      :瀬野理事長
2 議長、書記任命  :議長-照沼理事、 書記-藁科理事
3 会長挨拶      :岸本会長
  ・体育協会が、H24年11月に財団法人から公益法人になる。
  ・女子リーグ戦は、2ダブルス、1シングルスの計3ポイントであるが、このリーグ戦は
   冬場のテニス大会が少ない時に試合が出来る様にとスタートした経緯もあり、勝敗も大事で
   あるが、皆が出場してフェアプレーで対戦して欲しい。
4 議事
(1)H23年度事業報告 :高橋(信) 副理事長 (運営部長)    承認
 各大会結果、対外団体戦結果(都市対抗、県南5市、県民スポーツ)
 レディース大会、女性テニス教室、シニア大会
 ジュニア大会 ジュニアテニス教室、クラブ対抗リーグ戦結果、テニス教室
 新春ダブルス大会 日時訂正。H23年 → H24年
 代表大会結果で成績が思わしくなく、月1or 2回程度、練習会を実施したい。

(2)H23年度決算報告  :小山総務部長  承認
 雑費が予算に対して多くなっているが、県スポレク大会役員として延べ55人の方に
 協力して頂き、日当1,000円を支給。 他インク代等。

(3)H23年度会計監査報告 :植村、塩浜会計監査員・・・H23年度決算 承認

(4)H24年度事業計画   :高橋(康) 企画部長 ・・・協会提案承認
 5月開催の会長杯シングルスに於いて、種目による開催が変更になるので発行される
 案内に注意願います。   
 7月29日(日) プレイ + ステイ ジュニア大会開催します。
 春季レディース大会 C D級、A B級、秋季レディース大会 C D級はオープン大会に訂正。

(5)H24年度予算案  :小山総務部長・・・協会提案承認

(6)報告 審議事項 瀬野 理事長  
 ① 女子リーグ戦ルール変更について (多数決 (賛成 18人/ 反対 1人)により承認
   女子のリーグ戦は 2 ダブルス/ 1 シングル 重複有りで計3 ポイントであるが5名以上登録
   しているチームは、原則重複無しに変更。
   理由:1名強い人がいれば 2ポイント勝利出来て、勝敗が決してしまう為。
   → 登録メンバーが5名以上いるチームに於いては原則ダブらずに試合を行う事で承認。
   但し、5名以上の登録者がいても怪我等で出場出来ない場合は、重複可とする。
 ②下野新聞社杯大会の参加料値上げについて    承認
   理由:昨年大会は 100名以上の参加頂いたが、プラス収支は困難である。
   試合では全てニューボールを使用するので他の小山市大会とは異なる。
   出場者人数増加により時間内に終了出来ない場合、ナイター使用の可能性がある。
   他のTTAポイント大会と開きが大き過ぎる。(TTA大会 3,100円)
   上記理由により、現行 1,500円 → 2,000円に変更。
 ③ プレイ + ステイ ジュニア指導法の紹介。
   石川ジュニア委員長より、神谷氏から指導を受けた内容を紹介。
   ポイントやゲームを通じた練習。     
   目標の所に打つにはどうしたら良いかを習得させ、ラケットの握りやフォームは
   一切教えないこと。
   ボールはスピードが遅く、ジュニアが打ち易い高さに弾むレッドボールを使用。
   コートも小さいコートで行う。
 ④小山市テニス協会主催大会参加者アップ案  承認。
   昨年は、男子 26組、女子 16組の参加。
   特に小山市ダブルス大会の参加者が少なく、参加者を増やす案として、1日で終了させたい。
   理由 : 他大会との日程重複、 出場者レベル、 賞品等。
   6ゲームマッチ、 準決勝、 決勝のみ 8ゲームマッチ
 ⑤ホームページについて
   協会より → 大会当日の延期連絡は、新春ダブルスの時のみ表示したい。
   理由: 雪の場合、事故等の危険がある為。
   その他大会は、大会案内に高橋(信)、瀬野の電話番号を表示しますので
   確認願いたい。
   ・リーグ戦連絡先等、個人情報を掲載しない様注意する。
 ⑥TTA関連報告
   ・ 小山で PLAY STAY大会を7月に開催予定しており、TTAに発信した。
   ・ TTAでも PLAY STAYを新規に取り込んで行くとの事。
   ・ 地区協会で登録者数増加の協力要請有り。
   ・2012年度TTA行事は、ホームページ参照願います。
 ⑦各大会のドロー会議担当クラブ   承認
   ・会長杯シングルス  :コマツ、チーム2001、ウィッチーズ、セイシェル
   ・会長杯ダブルス   :昭電マスターズ、富士通、(爆) TC、エンデバー
   ・小山市長杯     :KDDI、小山グリーン、ガンスイ、野木愛好会
   ・小山市総合選手権  :ローズ、KTC、OMT、栄研化学
   ・下野新聞社杯    :BURJ、ドリーム、チームトマト、自治医大職員
   ・新春ダブルス大会  :協会役員

(7) H24年度テニス協会役員について      承認
   変更になられた役員
   ・塩浜さん 理事退任。 但し、会計監査は引き続き対応。
   ・田中 進さん 理事就任

(8)リーグ戦表彰
   岸本会長より、男子/女子 各ブロック優勝チームに賞品授与

(9)議長、書記 解任

(10)閉会の辞

                                                        以上